学校、教育機関等の皆様へ

「学校(学年)で見学・体験をしたい」

年1回開催する企画展「野田に生きた人々 その生活と文化」では、野田市域から出土した考古遺物等を中心とした構成となっています。2階の常設展示では、江戸~明治時代の醤油づくりの道具や醤油樽等の容器、市内で使われた農具・生活道具等を展示しております。これらは、古い道具と昔くらし(小学3年)や日本の歴史(小学6年)の単元等にお役立ていただけます。
また、見学とあわせて火起こしや「火のし」(昔のアイロン)、ダイヤル式電話機等の体験も可能です。詳しくはお問合せください。

プログラムと学年の例

  • まち探検、施設探検の授業にて解説案内(小学校2年/社会、総合的な学習の時間等)
  • 博物館資料を用いた、昔のくらしの解説(小学校4年/総合的な学習の時間等)
  • 昔の火起こしをやってみよう(小学校6年/社会歴史)
  • 千葉県の特産品、醤油造りについて(小学校4年~/総合的な学習の時間等)
  • その他、野田の歴史・文化の学習や課外授業に(小学校~高校)

学芸員による解説や案内を希望される場合は、「学校見学シート」(書式)に必要事項をご記入いただき、FAXまたはメールにてお送りください。見学シートの内容をもとに事前の打ち合わせを行い、詳細部分を詰めていきます。学年全体等で児童・生徒数が多い場合も出来る限り対応させていただきますので、ご相談ください。
当館にはバスが利用可能な駐車場がございません。詳しくはお問合せください。

ページ内メニューに戻る

「市民講師や職業の話ができる人を紹介してほしい」

当館には、これまでの事業の実施経歴から、様々な特技や仕事、活動に取り組んでおられる市民の皆さん、あるいは市内の団体とのつながりを作っています。このつながりを活かし、「人材バンク」として、紹介(仲介)をすることを行っています。

ご紹介可能なケースの例

  • キャリア教育の授業で、まちで働く人に職業に関する話をしてほしい
  • 総合的な学習の時間で、伝統文化の講座(体験)を指導してほしい

当館で行うのは仲介までとなります。その後の日程や謝金等につきましては講師と直接打合せをお願いいたします。

ページ内メニューに戻る

「学芸員に講演や講義を依頼したい」

学校での地域学習等において、講演、講義、出前授業(体験)、ワークショップ指導等を行っております。必要に応じて、博物館のコレクションを利用しての授業も可能です。ただし遠隔地(市外等)、時期などによってお受けできない場合もありますので、個別にお問い合わせください。

講演・講義可能テーマの例

  • 醤油樽作りと樽職人について
  • 利根運河など河川の話
  • 野田の人物
  • 博物館の仕事について
  • 勾玉作り体験、火起こし体験

学芸員の紹介ページもご覧ください。

ページ内メニューに戻る

「博物館所蔵資料、写真を借用したい」

教育機関(博物館はじめ研究教育機関、学校等)への資料借用へ対応しています。当館規程に基づき貸出をいたしますので、お問い合わせください。

ページ内メニューに戻る