館長ごあいさつ

director野田市は、江戸川、利根川、利根運河に囲まれた三角地帯で、緑と水の豊富なオアシスです。
当館では、開館より50数年にわたり、野田の歴史、文化、伝統を引き継ぎ、全国でも貴重な醤油関連資料の公開をはじめ、地域の歴史、民俗、美術、自然に関する展示を実施してきました。
平成19年度からは、NPO法人野田文化広場が指定管理者として敷地内の野田市市民会館(旧茂木佐平治邸/国登録文化財)と一体的に管理運営を行っております。この5年間、特別展だけでも野田の醤油樽職人、民俗芸能の津久舞、建築家山田守、利根運河、野田の煎餅、野田の災害と、多岐にわたるテーマで開催し、多数の事業を実施してまいりました。
今、私たちは「地域の文化資源を掘り起こし、活用する博物館」「人やコミュニティが集い交流する博物館」「人びとの生き方や成長を支援して、キャリアデザインをはかる博物館」を使命にかかげて、運営をしております。
また、市民会館とあわせて、市民目線でのおもてなしに徹し、多くの方にぶらりとお越しいただけるような、ひらかれた空間となるよう心がけております。
皆様のご来館をぜひお待ちしております。

野田市郷土博物館・市民会館
館長 関 根 一 男