ミュージアム・コンサートを開催しました。

ミュージアム・コンサート「サックスとピアノで奏でるクラシック」を開催しました。

曲目 歌劇《カルメン》より「前奏曲」、歌劇《トゥーランドット》より「誰も寝てはならぬ」、「カンパネラ」、「チャルダッシュ」ほか 全9曲
出演 サックス 栗原 智子氏、ピアノ 小林 志摩子氏

野田市域を中心として演奏活動や後進の指導を行っている、サックス奏者の栗原氏とピアノ奏者の小林氏が、誰もが一度は耳にしたことがあるクラシック音楽を披露しました。途中、栗原氏によるサックス(正式名称は”サキソフォン”)についての解説も挟みながら、実際にソプラノ・テナー・アルト、3本の楽器を使って演奏されました。また、ピアノの小林氏が独奏を2曲披露しました。100名を超える来場者が、サックスとピアノの奏でるメロディに聴き入っていました。

コメントは受け付けていません。