第140回寺子屋講座(芸道文化講座)を開催しました。

第140回寺子屋講座(芸道文化講座)を開催しました。
講師、講座名は下記の通りです。

講座 はじめての漢詩~杜甫の詩を読んでみよう~
講師 重野 宏一氏(筑波大学大学院博士課程/斯文会会員)

講師の重野氏には、漢詩の読み方について、唐代の詩人である杜甫の作品であり「国破れて山河在り」の句で日本人に親しまれている「春望」を題材にお話し頂きました。最初に杜甫の生涯と当時の歴史を辿り、杜甫の心情や時代背景を教えていただいた後、「春望」の解説をしていただきました。一つ一つ語句の意味を丁寧に拾っていくなかで、読み手によってその解釈が分かれていることを知り、参加者からも解釈について質問が寄せられるなど、漢詩についての理解を深める講座となりました。

コメントは受け付けていません。