『利根運河三十六景~運河をめぐる、ひと・もの・こと~』展 (2010.10.9~2010.12.6)

電車で通り過ぎるだけの利根運河にこんな歴史や自然があることにおどろきました。(市外・男性・70代)

いつも見ている風景を改めて見なおした。(市内・女性・60代)

東武鉄道野田線の乗務員をしておりましたので感慨深いものがありました。(市内・男性・40代)

生まれ育った利根運河に、様々な歴史があることを知ることが出来て良かった。友人宅の酒造も大変歴史あるものとは知らなかった。(市外・男性・20代)

普段よく見ていた光景ですが、歴史等よくわかって面白かったです。(市内・女性・50代)

利根運河のそばに住んでいるので36景がなつかしかった。(市外・男性・80代)

運河開削の歴史意義や工法についても、もう少し詳しく展示して欲しかった。(市外・男性・60代)

他の博物館(関宿城博物館・流山市立博物館)と異なった観点で利根運河について説明されていたのがよかった。(市外・男性・40代)

利根運河周辺の発展を中世あたりからもっと詳しく示して欲しかった。(市外・女性・40代)

コメントは受け付けていません。