『建築家 山田守と野田市郷土博物館』展 (2009.8.1~2009.10.12)

今まで、この博物館の設計者を知らなかった。山田守氏という建築家が立派な人でそういう人に設計して頂いて良かった。(市内・男性・70代)

野田市に残された資(史)料が展示され、この博物館だからこその展示となっていた。(市外・女性・40代)

カラー展示が多く今までになく明るく活気がある。スタッフの活力が感じられて良い。この博物館がとても誇りに思えます。〔博物館の雰囲気は〕おちついてていいのですが喫茶コーナーがあれば足溜めとなり、より深く良さを味わえると思う。(市内・男性・50代)

野田市の博物館に対しより愛着がわきました。自分の住んでいる町を知ること?!こんな風な処から地元への関心と愛情がつちかわれていくのかな。〔印象に残った展示は、〕「建築現存マップ」を見て観に行ってみたいと思ったり、知らずに訪れていた建築もあり、あらためて訪ねる楽しみを感じた。父親の肖像画等興味深い。(市内・女性・50代)

大変よかった。私が目標とした先輩建築家の展示なので。(市外・男性・70代)

建築家の博物館に対する思いが伝わってきた。(市外・男性・30代)

博物館には何度か来ていますが、その設計者については漠然としか知らず、また採光の工夫などこれまで気づかなかった事もよくわかりました。玄関のゆがみのあるガラスや文字など時代を感じさせるものが多く素敵です。今上のご成婚の頃なのですね。(市外・女性・40代)

山田守のことがいっぱいわかった。ふつうの建築家よりずばぬけてすごい!(市内・女性・10代)

市民の方に「この建物は実は貴重なものですよ。」と啓蒙をする意味では充分意図を果たしていましたが、山田守、分離派に、ある程度知識がある観客にとってはやや物足りなかったかも知れません。不覚にも貴館が山田守現存作品であると、はじめて知った次第で、この建築を見られたことが最も印象に残りました。(市外・男性・40代)

郷土博物館が50年過ち、今でも市民に愛されている事が素晴らしいと思う。設計図が見られて良かった。とても参考になりました。〔博物館の雰囲気は〕小じんまりとし、周囲の環境とマッチした落ち着きを感じました。最近の博物館にはない親近感を感じる。なごませてくれる所は、今後も守って行って欲しい。また来たいと感じる。(市外・男性・40代)

一見気付かないような細かな設計が素晴らしいです。小学生の時に一度来ていることを思い出しなつかしい気持ちです。(市内・女性・20代)

展示品の保存状態が良かった。今後できれば障害を持った人のための音声ガイドなどもあればよいと思う。地域の文化遺産を後々の人たちに知ってもらうためにも重要な役割があると思う。(市外・女性・70代)

コメントは受け付けていません。