『野田の絵馬~ならわし、なりわい、わざわい、たすけあい~』展(2013.11.2~2014.1.31)

公開していないと見られなかった絵馬、天井高く展示して詳しく見られない絵馬がほとんどで感動した。(市内・男性・50代)

各地に分散している絵馬を一堂で見ることができた。保存状態の良い絵馬が残っていることに驚きました。(市内・女性・60代)

圧倒されました。なかなか見る機会が有りませんので。(市内・女性・70代)

良くこれだけの絵馬をあつめたと思う。(市内・男性・60代)

時代別、トピック別に分類がなされており、分かりやすかった。(市外・男性・20代)

よく目にしていた絵馬の発祥や意味、人々の生活の変化などがよくわかった。(市内・女性・40代)

昔の絵馬と今の絵馬の違いにおどろきました。(市外・女性・30代)

馬が、神様と人をつなぐ意味を持っていること、人々の生活に深く関わっていたからこそ馬を絵にして奉納することが重要だったのだと知りました。(市外・女性・30代)

テーマ事に分けて絵馬を紹介していて、解説も充実していた。(市外・男性・20代)

コメントは受け付けていません。