『知ろう!見つけよう!野田の自然 いま・むかし』展(2013.7.20~2013.10.21)

展示物が見やすい、写真が見やすい、野田の四季の写真展示がとてもみやすい。本物のセミの声が館外からたくさん聞こえてきて、とても良かったです。(市内・女性・50代)

パネルがみやすく、市内の様々な自然が取り上げられていて自然を守る気持ちがより一層強くなったため。はきだし沼のトンボの展示と春夏秋冬の写真がよかったです。(市外・女性・30代)

きれいにかざられているが、ガラスケース中でよそよそしい。(市内・女性・70代)

小さい子どもと昆虫標本を目当てに来館したこともあり、〔印象に残った展示物は、〕市内で採集された昆虫標本です。自然豊かな街という認識ではありましたが、タマムシまでいるとは…!!!(市内・女性・20代)

なナ連合…素晴らしい命名ですね。興味・関心のある分野なので楽しかった。写真がきれいで引き込まれました。説明もとても分かりやすくしっかり読めました。各会の活動が活発であることがよくわかりどの展示もよかったです。特に「野田の四季」はよく考えられた展示だと思いました。(市外・女性・60代)

市民の長いかんさつや研究の成果に歴史を感じます。地元ならではの力だと思います。(市外・男性・50代)

自宅のすぐ近くに、豊かな自然が沢山存在していること、その自然が、外来の動物に脅やかされていることが非常に印象深かったです。(市内・男性・20代)

色々な種の生き物がこんなにたくさん野田にいた。今は見かけない残念です。(市内・女性・70代)

コメントは受け付けていません。